オススメの特集

  • 2017年03月06日

たったひと手間で可愛くなれる!オーディションにもOKな清楚に見えるメイク術

画像

オーディション用にどんなメイクをして写真を撮るか、悩みがちですよね。
少しでもかわいくしたい、でも化粧が濃いと元の良さも活かせない……。そんな悩みを解決するのが「ひと手間で可愛い清楚メイク」です。

とはいえ、清楚メイクは下手すると地味になりがちなので注意が必要ですね。そのためにはちょっとしたコツがあるんです。

自分の素の良さを活かしつつ、かわいらしい清楚メイクで応募して、オーディション合格をつかみ取りましょう!

ふっくら肌に幸せチーク

顔の第一印象といえば、やはり顔色ですよね!
まずはふっくらとした白い肌を手に入れましょう。

コツとしてはまずは自分の肌の色になじむファンデーションを使うことです。そしてファンデーションの後にパウダーを使用しましょう。
ファンデーションだけでは、化粧の濃い、重い印象がありますが、パウダーを加えることでふっくら白い肌に仕上げることができます。

ふっくら肌を仕上げたら、ワンポイントにバラ色のチークを入れましょう。
チークは色によっても入れ方を工夫する必要がありますが、バラ色のチークは丸く愛らしくのせるといいでしょう。

これで幸せなお姫様のような肌の完成です!

魅惑的すぎず惹かれる口元

お姫様のような清楚な印象になるか、女王様のようなあでやかな印象になるかの大きなターニングポイントが唇です!

赤ではセクシーすぎますし、オレンジはカジュアルすぎます。
かといって少し色がついた程度ではただの地味メイクになってしまうかもしれません。

ここではサンゴのような薄紅色を目指しましょう。
口紅の後に、下唇の膨らんだ部分にグロスを載せて、ぷっくり感を出すと愛らしくなります。

自然にパッチリなアイメイク

普段なかなか気にかけるのが難しいのがアイメイクです。
アイメイクのポイントは、ものすごく手間をかけても「少しだけのメイクでこんなにきれいな私」を演出することです。

アイラインは目尻を少し上げてしっかり描きましょう。これだけでも目元がぱっちりに見えます。
アイラインの色は髪の色に合わせると自然です。髪が黒なら黒でかまいません。

アイシャドウは、肌になじむブラウンにしましょう。
目のキワの周辺は濃いめのブラウン、アイホールには明るい茶色をのせれば自然で美しい目元になるはずです。

最後に目頭と下まつげの外側にうっすらとピンクのアイシャドウをのせれば、生き生きとした印象になります。

まとめ

清楚だけど地味ではない、手が込んでいるけど自然に魅せるメイクのポイントとして
「ふっくら肌に幸せチーク」「魅惑的すぎず惹かれる口元」「自然にパッチリなアイメイク」があります。

ぜひこの清楚メイクをマスターして応募し、オーディション合格を勝ち取りましょう。

この記事を書いた人:nana