オススメの特集

  • 2017年03月25日

芸能界は礼儀の世界!覚えておきたい礼儀術

画像

礼儀というのは、敬語で会話をする事ではなく、相手を気遣うということです。
日常的な挨拶は当たり前の事で、それ以上に話す場合には考えなければならない問題と言えます。
またその人によっても性格が全く異なるため、よくその人の性格を知っておかなければなりません。

失礼のない程度の礼儀作法と気配りが出来るように

芸能界は個性的な人が沢山集まっている世界です。

どんな人であっても、まずこの業界に入ってから勉強をしなくてはならない事は、人に不快感を与えないようにする気配り誰に対してもきちんとした挨拶を出来るようにする事。

そして最も大事なことは、目上の人に対する礼儀作法と言えます。
一概に礼儀作法と言いますが、そのケースごとに異なってきますので、それらの場の雰囲気を見ながら対応していくのがベストと言えるでしょう。

自分を売り出すために必要と言える礼儀作法

この業界に入って直ぐに売れるなんて事は滅多にあり得ない事です。
例外を除けば、売れるため努力して、一歩づつ階段を上っていくようにして売れていく人が殆どです。
そのため、その間には先輩タレントの方たちに色々な事を指導され、芸能界に生き残っていく術を学んでいきます。
なので、教えられたことは絶対に忘れないよう頭に入れて置くことが出来れば、あとはそれ以上の気配りをすることが先輩方に可愛がられる要因に繋がる為、是非進んで行動して頂きたいです。

売れ出してからも初志貫徹を忘れずしっかりした礼儀作法を

この業界である程度売れていけば、自然と周りに人が集まってきます。

またその時ほど初志貫徹という言葉を忘れず対応しましょう。
どうしても売れていくと天狗になりがちで、そういった初めに備わっていた礼儀作法などを考えず行動する事が多々見受けられるため、そこは忘れずに対応していく事が大事です。
また礼儀作法を後輩の人たちにも指導していく立場になって行くため自分がお手本として居なくてはなりません。

全ての人に対応出来るような心構えを。

まとめ

芸能界だけでなく大企業や他の業界にも礼儀作法は必要な事であり、それを怠ると自分の出世が閉ざされる事もよくある為、その事だけは働く上で肝に銘じて置かなくてはなりません。

また礼儀作法と言ってもその言葉には色々な意味合いが詰まっているので、色んな意味での対応も必要な訳です。その場のケースを見ながら経験していく事も必要です。
その中からここはきちんした事が必要、と判断が出来てくるためです。
初めの一歩と言える礼儀作法は生きていくための術と言えるでしょう。

この記事を書いた人:ONE