オススメの特集

  • 2017年04月14日

アーティストは「スタッフの支えがあってこそ成功する」という意識を忘れない

画像

売れるアーティストには、スタッフへの感謝という意識が芽生えています。
なぜ支えてくれるスタッフに感謝すべきなのでしょうか。今回は、その理由についてご紹介します。

なぜスタッフに感謝しなくてはいけない?

なぜスタッフに感謝しなくてはならないのでしょうか。別にスタッフなんて裏方なんだから感謝しなくてもいいんじゃない?という声が聞こえてきそうですが、これは間違いです。
アーティストがコンサートやライブをする時、歌を収録するときなど、すべてにスタッフが関わっています。
設営スタッフや運営スタッフ、録音スタッフなど、様々な人がいて初めて1つのことが成立します。

どんなにすごいアーティストでも1人で何かを成すということはできないのです。
まずは、社会人の基本である挨拶から始めると良いでしょう。
現場入りしたら「よろしくお願いします」を言い、終わったら「ありがとうございました」を言うだけでも印象は変わります。
何か手伝ってもらったら「ありがとうございます」も言いましょう。
社会人として何かをしてもらったら感謝することはマナーです。

アーティストはスタッフの支えがあってこそ成り立つ

アーティストはスタッフに支えられることでライブなどを成功させます。
もし、アーティストの周りにスタッフが居なければどうなるのでしょうか。
設営から何からすべてを自分たちで行わなければなりません。
それでは労力もかかる上、時間もかかりライブ本番にはクタクタになってしまいかねません。

アーティストの規模が大きくなればなるほど、携わってくるスタッフの数は増えます。
それほど人気があるということなのです。成功しているアーティストのほとんどはスタッフに感謝しています。
小さな気遣いも今後につながる一歩ですので、必ず感謝をするようにしましょう。

感謝を忘れない人になろう

社会人の基本として感謝を忘れない人になってください。
いきなり「ありがとうございます」を言うのが恥ずかしいというのであれば、ちょっとしたことから始めると良いでしょう。
なにかとってもらった時に「ありがとう」など小さなありがとうを言えるようになれば、次のステップに進むことができます。
そうやってコツコツとやっていくことで大きなことを成せるようになります。いきなり大きなことをやろうとしても成功しません。

アーティストのほとんどは、感謝という意識を持っています。
ライブに来てくれた人に、そしてライブを支えてくれた人に感謝という気持ちでライブをしています。
売れるアーティストになりたいのであれば、まずは感謝の心を持つように意識しながらレッスンを積み重ねていくと良いでしょう。

まとめ

このようにアーティストは、スタッフに感謝をする意識を忘れずにパフォーマンスを行っています。
感謝をするということが恥ずかしいというのであれば、感謝の気持ちを見せられるように意識して行動すると良いでしょう。
支えてくれるスタッフさんに感謝をしつつ、自らのパフォーマンスを上げていけば、きっと売れるアーティストになることができるでしょう。

この記事を書いた人: