オススメの特集

  • 2017年04月16日

売れるタレントに必要な要素は「傾聴力」です

画像

傾聴力とは、話を聞く力です。
この力は売れるタレントに必要な要素です。

しかし、そんな力を持っていないという方でも安心してください。
傾聴力は養うことで得られる力です。
芸能界で売れるタレントになるにはぜひとも身につけておきたい要素の一つですので、ここで学んで傾聴力を身につけましょう!

傾聴力ってどんな力?

傾聴力は話を聞く力ということになります。
私たち人間がコミュニケーションをとるには、話すか聞くかの2パターンしかなく、一方的に話し続けているという人はなかなかいません。

この傾聴力は売れるタレントに必要な要素である以前に、社会人としても問われる要素です。
上司の話を聞くだけで、可愛がれて仕事を振ってもらえるようになります。芸能界でも同じです。

売れるタレントになるためには、傾聴力を高めておき、相手の懐に潜り込むと良いでしょう。
潜り込めれば、自然と仕事が舞い込んで来るようになるでしょう。

基本的な傾聴力を鍛えるには

傾聴力には様々な種類がありますが、今回は初歩的な「オウム返し」についてご紹介します。
例えば、あなたが上司に「うちの部長がさ、めんどくさい人なんだよ」と愚痴をこぼされたとします。
いつものあなたであれば、「そうなんですね」や「○○だからじゃないですか?」などと相槌を打ちながら顔色をうかがうのではないでしょうか。
しかし、単純に相槌を打つのではなく、「めんどくさいんですね」とオウム返しをすると良いでしょう。

人が話をしているのにも関わらず無言を貫いていると「無視している」と思われ、悪印象を与えかねません。
しかし、オウム返しをすることで相手が「話を聞いてくれるんだな」と思い、色々な話をしてくれるようになります。
それが仕事につながったり、話を多く振ってくれたりと様々な場面で活かせるようになります。

なぜ傾聴力が芸能界に必要?

傾聴力は芸能界でも必要な要素です。
周りの共演者が話をしているのをよく聞いておけば、今後の展開や話の流れをサッと掴めるようになります。
急に話を振られた場合でもすぐに対応できれば、その分だけ出番が増えることになります。
そういったタレントは、キャスティングした際に印象に残るため、売れるタレントへの階段を登って行きやすくなるのです。

話を聞くばかりではなく、時には発言することも大事です。
話の流れを掴んでいるときに、話を振られた場合はオウム返しをすると会話が続かなくなってしまう場合があります。
そういった場合は、自分の意見をはっきりと短く言えると良いでしょう。

まとめ

傾聴力とは、話を聞く力です。
芸能界で売れるタレントになるには、身につけておきたい力の一つで、鍛えることができる力でもあります。
まずはオウム返しの練習から始め、経験を積んでいくことが大事です。

この記事を書いた人: