オススメの特集

アクセスランキング

  • 2017年04月24日

一次審査の合格率をあげる為に多少の自己投資は必要

画像

どのようなオーディションを受けるにしても、一次審査の合格率をあげることで、あなたのチャンスは確実に広がります。
一次審査さえ突破できれば、それ以降の審査でより深くあなたの魅力をアピールできるからです。

あなたの未来を左右する一次審査の合格率は、写真の見栄えを意識することで確実にあがります。

面接を受けるためには一次審査を突破しなければなりません

ほとんどの場合、オーディションの一次審査とは、書類による審査です。事務所によっては、音源や動画機能を利用した自己紹介やパフォーマンスを求めていることもありますが、書類選考の重要度は変わりません。
志望者によっては、一次の書類審査はみんな通るものだと勘違いして、二次の面接対策ばかりに力を入れている方もいます。
しかし、一次の書類選考に通らなければ、面接を受けることもできません

それほど重要なものなので、ひとつひとつの項目に対して慎重に確認することが大切です。
しっかりと対策してからオーディションに応募することで、確実に一次審査の合格率があがります。
そして、数ある一次審査の項目のなかで、もっとも重要なものは写真です。

写真の出来栄えを意識することで一次審査の合格率は確実にあがります!

一次審査において真っ先に見られるものとは写真です。
サイズや学歴、資格、パーソナルデータ、自己PRなど、そのほかにも重要な項目はたくさんありますが、写真が悪ければほかの項目はチェックすらされないことが多いです。

基本的に、オーディション用の写真とは、バストアップ写真と全身写真の2枚を求められます。
写真に写っている表情や姿勢、ボディライン、服装などからだけで、おおよそオーディションで求められている水準に達しているかが判断されてしまいます。

写真写りをよくする自己投資でライバルに差をつけられる!

俳優や女優、アイドルなどを目指す方なら、生まれつきの素材はもちろん、そこから多少の自己投資をして自分を磨くことが必要不可欠です。
オーディションに応募する人間は、いずれも自信を持って売り出せる自分の魅力を持っています。
そのため、生まれ持った素材を自己投資によって磨かなければ、ライバルに差をつけることができません。
一次審査の合格率をあげるためには、外見に関わる自己投資に力を入れることが大切です。

具体的には、ジム通いによるハードなトレーニングや栄養バランスを考えた食事などで、顔やボディライン、お肌の美しさを整えられます。

まとめ

外見に関わる自己投資を行うことで、確実にあなたの魅力に磨きがかかり、一次審査の合格率があがります。

オーディションを受けるにあたって真っ先に見られる写真を意識して、自分にできる自己投資は何かをあらためて考え直してみて下さい。

この記事を書いた人:ONE