オススメの特集

  • 2017年05月23日

タレントとしての心得「自分の身ひとつで稼ぐという意識」

画像

「体が商売道具」であるタレント稼業。仕事は待っていてもたくさんやってくるのはブレイクしてからの話です。
身一つで稼ぐ事の大切さについて気付き意識して行動することで、責任が生まれます。
心得として身につけてほしい項目をまとめました。

お仕事をいただくということ

タレントとしてブレイクしたい、お仕事をたくさんこなしたいと考えることはとても大切です。
体が商売道具ですので、エステなどで磨きをかけることはもちろんのこと、ジムトレーニング等を行い丈夫な体造りを行う必要も考えていきましょう。
ブレイクして引っ張りだこの状態になったとしても、自分を高めることを怠ってしまえば、周囲の人間からすれば「飽き」を感じてしまいます。
常に「自分を高めること」を意識し、お仕事をいただくことに対して謙虚な気持ちを持ちましょう。

お仕事は選ぶなと言われるが…。

仕事をする上で「稼ぐためには仕事は選べない」と言われますが、人権を無視するような仕事も芸能界には多々あります。
売れるためには仕事を選ばず全力で挑みたいという気持ちもあると思います。
けれど、人間としての存在を無視されるような企画への参加は、売れるための足がかりどころか、あなた自身のイメージの方向性を決定づける結果になることも。
こんなはずじゃなかったと思う前に、まずは立ち止まって「仕事を受けるべきか否か」を熟考しましょう。
選べない仕事の中でも、断っても良い仕事があることだけは心得て置きましょう。

謙虚な気持ちを忘れずに

バラエティでブレイクしたタレントは、常に謙虚な気持ちでスタッフに接しているそうです。
「仕事をいただけるから今の自分がある」「周りのスタッフや共演者に育ててもらっている」という気持ちで仕事に臨んでいるという話もあります。
この方は謙虚な気持ちを持って仕事に臨んでいますが、それ以上にその場をうまくまとめることができる機転があり、対応力が高いため、キャスティングされる事が多いようです。
会話スキルも自分の身一つで稼ぐためには必要です。
相手を思いやる言葉遣いができること、「ヤバイ、マズイ」以外の表現も発せられる語彙力、その場の空気を読み話題選びができることも大切です。

まとめ

タレントはただ「可愛い」「かっこいい」だけでは仕事は成り立ちません。決められた時間内で効率的に良い作品を作り上げるために真剣勝負な世界に身をゆだねていることを意識する必要があります。
キャラクター的に「ただ笑っているだけ」「おバカっぽい」という方は多いですが、実は場の空気をきちんと読み、その時々にきちんとした気遣いと対応を行っています。
テレビの中ではそういった面が切り取られているため、視聴者には伝わらないだけです。
こういった振る舞いができることで一人前のタレントとして仕事ができるようになります。

この記事を書いた人:nana