オススメの特集

  • 2017年06月01日

オーディションに受かる為に鍛えておきたい重要な箇所「目」

画像

目とは、オーディションの合否を分けるほどに重要な箇所であることをあなたはご存じでしょうか。
あなたがほかの候補者に先んじて受かるためには、眼を鍛えておくことがとても重要です。

しかし、いま現在、眼そのものに意識を向けている方はそれほどいません
この機会にその重要性を確認し、あらかじめ鍛えておくことをおすすめします。

あなたの第一印象を決定づける大切なものです

審査員の心にばっちりと自分の個性を伝えて、オーディションに受かるためには、自分の「目」を鍛えておくことが必要です。
審査員に限らず、相手に与える第一印象を決定するものだからです。

例えば、眼をそらしたり、俯いたりしていると、相手からは自信がないように見えます。
また、そもそも、お話をする時は相手の眼を見て話すことが基本なので、あまりにひどいと礼儀知らずと思われてしまいます。

その表情ひとつで審査員への印象がガラッと変わります

オーディションにおいては、自分の目を意識することは大切です。
その動きや表情ひとつで、審査員はもちろんのこと、将来お仕事で触れるお客様にも不快な印象を抱かせてしまいます。

基本的には、その時々に会話している審査員の方と眼を合わせるようにしましょう。
しかし、あまりに強く凝視することでも、怖い印象を与えてしまうので、注意が必要です。

また、眼そのものの表情も意識する必要があります。
笑顔を浮かべていても、眼が笑っていなければ、逆に不安な印象を与えてしまいます。

このように、ちょっとした動きで相手に与える印象はとても多いです。
あらかじめ鍛えておかなければ、審査員にしっかり減点されてしまいます。

信頼できる人に協力して貰いながら鍛えてみましょう

しっかりと目を意識しながら受け答えやパフォーマンスをすることで、オーディションの面接官の印象は確実に良くなります。
しかし、これから所属することを希望している事務所の方とは言え、いきなり初対面の人と眼を合わせることはむずかしいものです。

場合によっては、肝心のパフォーマンスや受け答えがおぼつかなくなる恐れもあります。
そんな時に備えて、自分の眼を鍛える意味で、友人や家族などに自分の眼をみて貰うことをおすすめします。

そして、ひとつひとつ不自然な印象や不快な動きを指摘して貰いながら修正していけば、必ず面接官に好印象を与えることが可能です。

まとめ

オーディションを受けるにあたって、表情は気をつけていても、目にまで気を使っている方はそれほど多くありません。
そのため、眼を鍛えておくことは、受かるためには大きなアドバンテージになり得ます。

信頼できるまわりの人に相談しながら、自分の眼の印象を改善してみて下さい。

この記事を書いた人:nana