オススメの特集

  • 2017年06月10日

声優を目指す際に必要な声の管理法

画像

声優を目指すためには、自分なりにのどの管理法を確立することが必要です。
のどをしっかりケアし、普段から適切に管理しておかなければ、必要な時に必要な声が出せないからです。

演技力や表現力、声優としての魅力的な個性も大切ですが、普段から適切にのどを管理しておかなければ、いざという時に実力を発揮できません。

毎日健康でいなければしっかりした音を出せません

声の管理法においてもっとも大切なこととは、何より毎日健康でいることです。
健康でいなければ魅力的な音はでませんし、声優として適切な演技もできません。
特に、のどにとってカゼは大敵です。カゼを引いていると、のどが痛んでしまいます。

健康でいるためには、毎日適度に運動し、適切な栄養バランスの食事をとり、しっかりと睡眠をとることが大切です。
そのほか、自分が健康でいるために必要なことを生活に取り入れましょう。

例えば、セキはのどに負担をかけてしまうので、普段からセキが止まらない方は病院に行って専門家に相談してみることをおすすめします。
声優を目指すにあたって、毎日健康を維持することは重要な第一歩です。

普段からなるべくのどを潤わせておきましょう

声優を目指すにあたって、誰しも普段から人一倍のどを使っているものです。
そのため、普段から習慣的にのどをケアしなければ、少しずつのどにダメージが蓄積してしまいます。

例えば、普段からアメを舐めることでもノドをケアできます。
飴には唾液の分泌を促す効果があるからです。
口のなかが唾液で潤えば、そのまま気道にも浸透して痛んだのどが潤います。

また、普段から塩分やカフェインが入った飲み物を控えておくことをおすすめします。
どちらも身体から水分を失わせて、のどからも潤いを奪う恐れがあるからです。

基本的に、のどは潤えば癒されて、乾燥すればダメージを受けることに注意しましょう。

外側と内側の両方からのどを温めること

"のどを温めておくことで、よく声が出るようになります。のどを温める方法は、状況によってさまざまです。例えば、お茶やお湯などの温かい飲み物を飲むことでも、身体の内側から温められます。

また、ネックウォーマーやマフラーを着用することでも、外側からのどを温めることが可能です。
外側と内側、どちらからでも、普段からのどを温めることを習慣にしておくだけで、のどの調子は安定します。

自分が続けやすい方法で、普段からのどを温めてみて下さい。

まとめ

声優を目指す際に必要な声の管理法とは、何より健康的であることです。
のどの健康はもちろん、体も心も健康でなければ、良い演技はできません。
そのため、まずは毎日の生活習慣を振り返って、規則正しく過ごすことが大切です。

身体の健康状態を確保できたら、普段からアメを舐めたり、温めるなど、のどのケアを行ってみて下さい。

この記事を書いた人:nana