オススメの特集

アクセスランキング

  • 2017年06月24日

芸能人に向いている人はズバリ!「自分に厳しい人」

画像

芸能人としてやっていくための要素にはさまざまなものがありますが、どの場合でも共通して言えることは、自分に厳しくあることが大切だというくことです。
芸能活動ではいろいろな年齢層・価値観を持った人たちに出会います。
その中で相手を理解して衝突を避けるには自分への厳しさが必要なのです。

柔軟な態度で相手を尊重できること

人と関わることは会社勤めよりも多いくらいの世界です。

芸能人としてコンスタントに仕事を貰ってやっていくには、仕事で関わる人と円滑なコミュニケーションが取れることが重要です。
挨拶ができない、気に入らないことがあるとすねる、このようなことをしていると扱いづらい人だと捉えられ、実力があっても仕事を回してもらえなくなります。
人と衝突することがあっても、自分が正しいとだけ考えず、相手がなぜそう思うのかを考えられることが大切です。

自分に甘い人は、どうしても自己を正当化してしまうのです。
理不尽だと思ってもぐっとこらえて頭が下げられるタフネスがある人のほうが芸能人には向いているといえます。

ドタキャンや遅刻を軽い気持ちで行わない

自分に厳しいことが大切な理由は、ドタキャンや遅刻を防ぐためという点もあります。

一度引き受けた仕事を、ギリギリでキャンセルすることを繰り返していると信頼を失っていきます。
他のバイトや仕事を優先のつもりで働いていても、それは相手には関係ありません。

軽い気持ちで後から仕事を入れたりしないようにしましょう。
また、仕事をえり好みして後からキャンセルするのもよくありません。
引き受けた後に、自分の嫌いなタレントが一緒に出るからというような個人的な理由で、キャンセルするということはやめましょう。

芸能界では数多くの人が一つの現場で仕事をします。一人が休むことで大勢に迷惑をかけてしまいます。自覚を持っておくことが大切です。

実力を維持するための努力

また、芸能活動をするうえで、魅力や得意なことを維持し続けることは大切です。
アイドルなら肌を綺麗に保つ、化粧を勉強する、体型を維持するための運動を続けるなどの努力が必要でしょう。歌手や役者なら、歌唱力や演技力を常に磨き続けなければなりません。今までのことを維持するだけではなく、どんどん新たな能力を身に着けていくことも大切です。一度ヒットしても、変化がなければ飽きられていく業界です。新しさをどんどんアピールしていきましょう。

まとめ

もしかしたら、普通の会社勤めより芸能界のほうが自由にふるまえそうと思っている人もいるかもしれません。
実際は、自分で信頼をつかんでいかなければならない芸能界は、とても厳しい世界です。

自分に厳しくあらなければ、続けていくことは難しいでしょう。
相手に礼儀を払う、勝手な理由でドタキャンや遅刻をしないといったといったことは人間として当たり前のことでもあります。
当たり前に相手を気遣える心を持ち続けるために、自分を甘やかして謙虚な心を忘れてしまわないようにしましょう。
それにプラスして、常に向上心を持ち続けることが長く活動するための秘訣です。

この記事を書いた人:nana