オススメの特集

アクセスランキング

  • 2016年02月28日

ミュージカルのオーディションに挑戦したい!夢を実現するために出来ること

画像

昨年、ミュージカル仕立ての映画が大ヒットを記録しました。そこでミュージカル俳優としてオーディションを受けてみたいとお考えの方も増えてきていることと思います。オーディションを受けるために気をつけたいポイントを紹介します。

お腹の底から声が出ていますか?

ミュージカルのオーディションを受けるためには、基礎体力作りが必要です。それは、声をお腹の底から出せるように、腹筋を鍛える目的があります。ボイストレーニングの教室に通う方法もありますが、やはり基本は腹筋です。ミュージカルは特に体が資本なので、日頃から体調管理に気をつけましょう。

大手の劇団が募集するオーディション

大手の有名な劇団がオーディションの募集告知を出すことがあります。これは、経験のない素人が応募しても受からないと考えて間違いないでしょう。ある程度の知識と経験がある、即戦力を募集しているからです。普段、カラオケで鍛えているから大丈夫だと思っていても、舞台に上がってほぼアカペラで歌ってみると自分の下手さがわかります。音程が取れていなくても、わからずに、そのまま突っ走ってしまうケースが多々あります。

サイトで募集をかけているオーディション

サイトで検索をするとミュージカルのオーディション募集が簡単にヒットします。これらの劇団には大きく分けて2パターンあります。研究生として所属をしてから舞台に立てるものと、オーディションに合格すれば出演できるものがあります。初めてミュージカルのオーディションを受けるのなら、サイトで募集している劇団に応募するのもひとつの手です。自分の実力がどれくらいなのか直にわかるからです。

自治体で募集しているオーディション

自治体により異なりますが、市の事業の一環としてミュージカルの舞台をやるので、出演者を募集することがあります。初心者大歓迎で、舞台出演を記念にしたい人から、プロへの足がかかりにしたい人まで、様々な人々が集まり、舞台をやるという目的で集まります。このとき、出演料を支払って出させてもらう場合があります。それでも、貴重な経験には変わりがないのです。

毎日の積み重ねが大事です

ミュージカルオーディションを勝ち抜くために、喉のコンディションを整えておくことも大切です。喉は乾燥に弱いので、加湿器を上手に使いましょう。また、たくさんの舞台を見に行き、研究することもお忘れなく。ミュージカルには上手に歌えることにプラスして演技力、表現力が求められます。心に響く歌をうたうことを心がけて、練習をしましょう。一日にたくさんやるのではなく、毎日を積み重ねることで深みのある歌声を手に入れたいものですね。


どんな小さな役でも良いので経験を積み舞台に慣れておきましょう。日々の積み重ねがそのまま自分へ跳ね返ってきます。心に響く歌声で人々を魅了できる日が来ることを応援しています。

この記事を書いた人:佐々木恵