オススメの特集

  • 2017年07月02日

ナレーターと声優のトレーニング内容の違い

画像

声を使う仕事は色々ありますが、その中にナレーターと声優があります。ナレーターと声優と聞くと、同じようなことをする仕事だろうと思う人もいるかもしれませんが、実は違いがあります。また、その為のトレーニングの方法も違ってくるので、その違いをしっかり覚えましょう。ここではどんなトレーニングをすれば良いのか3つ挙げています。是非、将来声優を目指している人は自分の目標に合わせたトレーニングを実践しましょう。

ナレーターと声優の違いとは

ナレーターと声優、どちらも良く耳にしますが、実際どのような違いがあるのか分からないという人もいるのではないでしょうか。
どちらも同じような仕事に感じてしまいますが、まずナレーターはテレビなどの番組でナレーションを行う仕事になります。

良く映像を見ている時にナレーションが入りますが、その仕事がナレーターの仕事です。
では声優はというと、アニメなどのキャラクターになりきって演じるものになっています。
テレビアニメなど、その役に入り込み、声を出していく仕事です。
大きく分けるとこのような違いがあるので覚えておきましょう。

それぞれのトレーニング法で声を鍛える

では実際に、ナレーターや声優として活躍をする為のトレーニング内容の違いを紹介します。
まずナレーターとして活躍をする為には発声を正しく行い、そして正確に言葉を伝える必要があります。
その為、滑舌良く話す為に早口言葉の練習をしたり、強弱をつけてしっかり話すトレーニングをする必要があります。

一方、声優は様々なキャラクターを演じなければいけません。
その為、そのキャラクターに合った様々な声の出し方の練習をする必要があります。
やはり多くのキャラクターを演じることが出来れば、その分需要が高まり仕事の幅も広がります。
是非バラエティに富んだ声の出し方の練習をしましょう。

毎日の積み重ねがとても大事

ナレーターや声優の仕事は簡単なものではありません。その為、毎日着実に上達していくように、しっかりトレーニングを行う必要があります。
ナレーターになりたいのであれば、毎日発音の仕方や発声の仕方を、何度も繰り返し練習しましょう。

また、アニメの声などを演じる声優であれば、本を見ながらそのキャラに合った声を出してみるのも良いでしょう。
どちらも声の仕事ではありますが、実はトレーニング方法が異なります
是非きちんと覚えましょう。

まとめ

声を使う仕事であるナレーターや声優は同じ声を使うものであっても、根本的な役割の違いがあります。そのことを理解することで、今自分がどんなトレーニングをする必要があるのかを知ることが出来るでしょう。

また、どちらも声が基本になる仕事です。声をだめにしてしまわないように、普段から喉の保湿を心がけ、風邪などをしっかり予防しましょう。また、自分で出来るトレーニングは合間を見てしっかり行いましょう。それが声をつくる為の基本になります。着実に実力をつける為にも毎日の積み重ねが大切になります。日々進化した自分をつくることはとても大切です。是非しっかり努力しましょう。

この記事を書いた人:ONE