オススメの特集

  • 2017年10月12日

アイドルの書類審査は通るのに面接は落ちる!考えられる原因は何?

画像

アイドルを目指している人の中で、書類審査は通過するのに面接で落ちてしまい、理由がわからず悩んでいる人もいるでしょう。
その原因さえつかめれば次のステップに進めるかもしれません!

書類審査と面接

アイドルのオーディションで、いつも面接までは進むのに、最終的には不合格になってしまうと言う人は多いようです。
単純に考えるとその理由は力不足、アピール不足によるものと思ってしまいがちですが、実際にはそれ以外にも原因があるようです。

そこで今回は、書類審査は通るのに面接にはいつも落ちてしまうと言う人の特徴や原因について解説したいと思います。

書類審査で重視される事

当然の事ではありますが、書類審査では多くの応募者の書類を一枚ずつ丁寧に審査していかなくてはなりません。
特に人気のあるグループのオーディションでは一度に数万人分もの書類が送られてくる訳ですから、その作業は非常に手間も時間もかかります。

その為、書類審査を通過できると言う事は、審査員の心に何かしら引っかかる特徴があると言えるでしょう。
それは単純にルックスが良いと言う点だけでなく、自己アピールの文章が面白かったり、あるいは特技がグループのコンセプトに合っていたりすると言う点なども考えられます。

以上の事から、書類審査に通過したら、ただ喜ぶのではなく、審査員が自分のどこに魅力を感じてくれたのかを分析し、自分のアピールポイントをしっかりと認識する必要があるでしょう。

面接で重視すべき点とは

面接においてまずに気をつけたいのが、書類審査の結果から分析した自身のアピールポイントを審査員にしっかりとアピールする事です。
審査員が目を付けたポイントをしっかりとアピールできれば、自身の印象を強く残す事につながるでしょう。

一方で、オーディションにおいては、必ずしも完璧である事は求められていないと考えることも重要です。
その為、自分はこれからどれだけ成長できる人間なのかと言う点をアピールする事もまた重要と言えるでしょう。

また、大人数が集まるアイドルグループでは、ただルックスが良い子や、歌がうまい子だけではなく、異なった個性を持つ子を多く合格とする事も多いようです。
その為、面接で落ちてしまう原因としては、他の受験者が持っていないような個性をアピールできていないと言う点も考えられます。

まとめ

以上の事から、書類審査は通過するのに、面接で落ちてしまう原因としては、自身のアピールポイント、つまり審査員が目を付けてくれたポイントをしっかりと認識できていないと言う事が上げられるでしょう。

また、他の受験者が誰も持っていないような個性をアピールできなければ、面接を通過する事は難しいと言えるかもしれません。

この記事を書いた人:ONE