オススメの特集

  • 2017年10月31日

ダンサーとして活躍するために・・・踊れるといいダンスのジャンルは?

画像

最近の日本人はかつてと比べるとフィジカル面が大きく飛躍しています。
ひと昔ほどは欧米系のダンサーと比べても遜色ない人も多くなりました。
それだけにダンサーとしての活躍の場も広がっているようです。
ここではダンサーとして活躍するためのノウハウや、これからのダンスのムーブなども兼ねて、分かりやすく記載してあります。
ダンサー志望は必見の内容です。

知識、技術は多いほど良い

ダンサーとして活躍したいと言う方の中には、特定のジャンルのダンスだけを極めることに終始してしまう方も多いようです。
もちろんどのようなジャンルのダンサーになりたいのか、自分なりの理想像を持つことは重要ですが、根本的なこととして、より多くのジャンルに関する知識、技術を持ち合わせていた方が、それらを応用した自分らしいダンスを踊れるようになると言えます。

例えば、躍動感のあるジャズダンスを基礎としながらも、そこにポップダンスのコミカルな動きを上手く融合させることができれば、より自分らしさを表現できるかもしれません。
魅力的なダンサーになる為には、第一に自分らしさを表現できるようになる必要があると言えるでしょう。

基礎として踊れると良いジャンル

一方で自分らしく踊れるようになるために覚えておくと良いジャンルも存在します。
ここでは、それらをいくつか紹介します。

「ヒップホップダンス」は、ストリートダンスの中でも最もポピュラーなジャンルの一つです。
その他のジャンルを柔軟に取り入れることができるため、自分なりの創作ができる点では大きな魅力と言えるでしょう。
そのような創作を通して自分らしい表現の仕方を学ぶことは、ダンサーとして活躍するうえでも非常に重要と言えます。

「ジャズダンス」は、バレエの動きなどを取り入れた歴史あるダンスの一つです。
ボディラインをきれいに見せることを考えた動きの数々は、ダンスを通してお客さんを魅了するために大切な知識や技術を得ることができるでしょう。

「ポップダンス」もまた、覚えておくと良いでしょう。
見る物を釘付けにする動きの数々もまた、ダンスを通して人を魅了する上では非常に重要な技術となるでしょう。

理想像をしっかりと持つことが大事

ダンサーとして活躍するために踊れると良いジャンルをいくつか紹介しましたが、どのようなスタイルのダンサーとして活躍したいのかによって、踊れると良いジャンルは変わってきます。
例えば、ステージのど真ん中で歌いながら踊りたいのか、あるいはバックダンサーとしてステージを盛り上げたいのかなどによって、求められるダンスのスタイルは変わってくると言えるでしょう。

ダンサーとして活躍するためには、理想像をしっかりと持ち、そのために身に付けるべき知識や技術は何なのか、自分なりに考えてみると良いでしょう。

まとめ

今回はダンサーとして活躍する為に踊れると良いダンスのジャンルについて紹介しました。
ダンサーとして活躍する為には理想像をしっかりと持ち、その為に必要な技術や知識が何であるのかを考えてみると良いでしょう。

この記事を書いた人:nana