オススメの特集

  • 2017年05月31日

売れてるタレントはみんなやってる! 自分を客観的に見る3つの方法

画像

輝いているタレントを目指すなら、まずは自分が他人からどう見られているか知る必要があります。
他人とは、家族を含めた自分以外のすべての人のことを指します。
そこで、他人から見られる職業であるタレントを目指す上で必要なことを見ていきましょう。

その1.マナーを見直そう

今どきのタレントの方は、おバカタレントや服装やメイクが奇抜で個性的なタレントなど、一見常識はずれな面白い人も多いです。
でもそういう方が常識的なマナーが身についていない人たちかというとそんなことはなく、個性的なタレントほど共演者やスタッフなどにはしっかり挨拶や礼儀ができているという話をよく聞きます。

マナーができているということは、相手を尊重できるということです。尊重されて嫌な人はいないはず。
信頼が築きやすくなります。
いつも誰かに見られているんだと意識して、自分のマナーを見直してみましょう。
例えばきとんと挨拶をする、人と話している時は携帯の操作をやめるなどの小さなマナーができているかを見直してみましょう。
小さなことでも見ている人はきちんと見ているものです。

その2.聞き上手になろう

他人にどう見られているかを知るには、人の話をきちんと聞けるようにまりましょう。

一見人の話を聞くことは自分のことを知ることとは遠い行動に思えますが、
自分のことばかり話す人はどこか傲慢でわがままイメージになりがちです。
相手の話をきちんと聞いて理解することはとても重要です。自分のことを知ってほしいだけでは一方通行です。

他の人と話すことで自分の新たな一面が知れる、ということも結構ありますよ。
また相手の話していることを聞いて会話をすることで、この人は私に興味があるんだと思えば心を開いてもらえます。魅力的なタレントほど聞き上手なはずです。

その3.飾らない自分を一番好きになろう

高価な服や流行のメイク、話題のお店をたくさん知っているなどの世俗的なことからいったん離れてみましょう。
流行に乗り遅れることにとらわれることがなくなれば心が軽くなります。
心が軽くなると他人に優しくなれるものです。

シンプルで飾らない自分を知ることができれば、自分が一番穏やかでいられる状態を見つけることができるはずです。
この人と一緒に居たいと思える気持ちのいい魅力的な人になれるはずです。
テレビや映画で活躍しているタレントが輝いて見えるのはそういった心の余裕があるからではないでしょうか。

まとめ

自分が他人からどう見られているか知る3つの方法。いかがだったでしょうか。
「1.マナーを見直す」「2.聞き上手になる」「3。飾らない自分を一番好きになる」この3つに共通することは自分を知ることが相手を尊重することにつながるということです。

自分を知ることで、この人ともっと一緒に居たいもっと知りたいと思ってもらえる人になりましょう。
輝いている魅力的なタレントになるためにさっそく今日から実践してみてください。

この記事を書いた人:nana