オススメの特集

  • 2016年05月01日

体調を整える!万全のコンディションで歌オーディションに臨む

画像

歌オーディション、体調が悪くてうまく歌えなかった…そんな経験ある人も多いかと思います。コンディションが整っていなくては、実力は出せませんよね。そこでここでは、歌オーディションに向けて体調の整え方をお伝えしたいと思います。

歌オーディションでは、体調管理が何より大切

歌オーディションで気をつけなければならいのが、体調です。タレントやモデルのオーディションでも、もちろん体調管理は大事なのですが、歌オーディションでは「歌う」というパフォーマンスができなければ話になりません。他のオーディション以上に体調には気をつける必要があります。基本的には運動と食事で、プラスアルファで喉のケアに気を付けましょう。運動と食事は、人間の体を維持する上で欠かせないものです。さらに喉のケアはヴォーカリストには欠かせないものです。この3つに気を付けることで、オーディションで歌える体を作ります。オーディション当日に、体調を崩して歌えない……なんてならないように、しっかり体調を整えておきましょう。

歌オーディションに向けての体調管理1【運動】

歌を歌うヴォーカリストは、アスリートと言っても過言ではないでしょう。「歌う」という行為は、お腹の横隔膜で息を押し出して、胸や喉、鼻孔、頭などを共鳴させる繊細な運動を行います。ラグビーやサッカーのように目に見えた激しい運動ではありませんが、その繊細な動きは、アスリート同様に調整をしっかりしないと、いいパフォーマンスは発揮できません。ですので、体調を整えることが何よりも大切です。
オーディションに向けて体調を整えるには、有酸素運動がおすすめです。歌オーディションに向けてヴォイストレーニングもやられていると思いますが、そこに有酸素運動であるランニングを取り入れてみてはいかがでしょうか。しっかりとした歌声を出すには、心肺機能の強化が重要です。有酸素運動であれば、心肺機能を鍛えられます。さらに、全身運動ですので血流も良くなって体調管理にも一役買います。一石二鳥で歌オーディションに向けたトレーニングとしてランニングは最適と言えます。

歌オーディションに向けての体調管理2【食事】

歌オーディションに向けて、運動だけをしていてもバテてしまいます。しっかり食事で栄養も採りましょう。食事は、なにも特別なものを食べる必要はありません。一般に高タンパクで低カロリーなものが良いとされていますが、卵・豆類・野菜などの「体に良い」といわれるものをバランスよく食べていれば大丈夫です。ビタミンは、体に蓄積されないものが多いので、多めに採るように心掛けましょう。偏食は栄養バランスが崩れますので、なるべくしないように。

歌オーディションに向けての体調管理3【喉のケア】

さらに、プラスアルファでヴォーカリストならではの喉のケアも行いましょう。喉に良いと言われるハチミツは歌オーディションにはおすすめです。ハチミツとともに、摺り下ろした生姜も添えてお湯を入れて飲むと体も温まります。喉のケアと共に、風邪予防にもなるのでオーディションで歌う前に飲んでおくと良いでしょう。反対に喉の油を奪ってしまうウーロン茶などは、オーディションで歌う直前は控えてください。プロのアーティストでもうっかりライブの本番前に飲んでしまい、喉がガラガラになってしまった……という話もよく聞きます。直前の飲物にも注意が必要ですね。
また、加湿器があると良いです。口呼吸が多い人は喉を痛めやすいので、加湿器を付けておきましょう。数千円で買えるものが多く出ていますので、まだ持っていない人は、小さくても良いので、加湿器は買っておいたほうが良いでしょう。

まとめ

歌オーディションは、歌うというパフォーマンスがメインです。その場でのパフォーマンス如何によって結果が変わります。ですから、オーディション前の運動から食事、喉のケアまで万全を期してオーディション本番に臨みましょう。がんばってくださいね。

この記事を書いた人:MCBR