オススメの特集

  • 2016年06月09日

俳優に必要な筋肉とは?効果的に鍛える方法を伝授いたします!

画像

俳優に必要な筋肉とはどのような筋肉でしょう?
どれぐらい筋トレをしたらいいのか、どの筋トレをすれば効果的なのか。
数が多すぎて迷ってしまうかもしれません。
俳優に一番必要なしなやかな筋肉を手に入れるためのアドバイスをご紹介!

全ての俳優に必要な筋肉はこれだ!

俳優になるなら、絶対的に必要になるのは「腹筋」です。
舞台俳優のように大きな声で話す必要が無くても、腹筋がないと自分の本来の声で勝負することができません。腹筋を使って声を出すというのは、大きな声を出すためだけではないからです。
そして、腹筋がきちんと筋トレで培われていないと、美しい姿勢を保つこともできません。
体の軸を決めるのに、腹筋はとても重要な役割を果たしているんです。

そんな筋肉も必要なの?!

腹筋の次に重要で、俳優に必要になるのは顔の筋肉。
あなたはどれぐらい早口で、長いセリフを言い続けられますか?
主役クラスになると、作品によっては台本何ページにもわたる、長いセリフがあったりもします。
そんな時、息も絶え絶えにセリフを言っていては、その役は務まりません。
長いセリフの最後のほうには口が回らなくなるかも?

俳優に必要な筋肉、とにかく筋トレをすればいい?

俳優として生きていくためには、身体能力の高さはあるに越したことはありません。
ゴリゴリに鍛え上げたマッチョではなく、しなやかな筋肉が必要となります。
もちろん、アクションもできる俳優を目指すというなら、とにかく筋トレをして体を作る必要があります。
そうでないなら、効果的にインナーマッスルを鍛えていきましょう!

腹筋を効果的に使うには「丹田」を意識しよう

男性でも女性でも、きゅっと絞られて、無駄な脂肪のないお腹は大変魅力的です。
しかしそんな腹筋を手に入れるには一朝一夕では無理。
そこでまずは短期間で基礎的な腹筋が手に入る筋トレからやっていきましょう!

筋トレをする際に、意識してほしいのが丹田です。
丹田とはおへその下にあり、ここを意識することで、腹筋を効果的に使うことができます。
筋トレだけでなく、発生の時もこの丹田を意識することが重要です。

短期決戦!インナーマッスルを鍛えよう!

・アブドミナルスクイーズ
仰向けに寝転がり、ひざを曲げて軽く立て、腹筋をリラックスさせて状態からスタートです。
下腹部にゆっくりと息を取り入れることをイメージしながら、深く息を吸い込みます。
完全に息を吸い込めたら、おへその下の丹田にぎゅっと力を入れて、口から息を吐き出します。
息を吐き切れたら、また下腹部を意識しながらゆっくりと息を吐き出す……の繰り返しです。
目安は20~30回を2~3セットおこないましょう。

・クラウリングアブドミナルスクイーズ
床に四つん這いになり、ゆっくりと息を吸い込みながら背中を丸めていきます。
完全に息を吸い切ったら、今度は背中をそらしながら、息を吐き出していきます。
これも意識してほしいのが「丹田」です。
おへその下にぎゅっと力を入れるようにしましょう。
こちらも目安は20~30回を2~3セットです。

この二つは、通常の腹筋を鍛える筋トレとは違った呼吸法となります。
そのため少し難易度が高くなりますが、きちんと行えば確実に腹筋のインナーマッスルが鍛えられます。

「簡単にできるじゃん!」と思った方は、やり方を間違えている可能性がありますので、落ち着いてゆっくり丁寧に行いましょう!

顔の筋トレ!とにかく動かそう!

魅力的な表情を作るにも顔の筋トレは必須です。
これはとにかく動かすことで、鍛えられていきますので、時間があれば鏡を見ていろいろな表情を作ってみましょう。両手でほほをぐるぐる動かしてほぐしたり、大きく目や口を開けたり閉めたりも効果的です。
小説などを、わざと大げさに読み上げるのもいいですね。
いきいきした表情は俳優をするにあたっては必須です。
とにかく動かして、いろいろな表情を作れるよう鍛えましょう。

まとめ

筋トレというと、たくさんありすぎて、どんなことから始めていいか迷ってしまうかもしれません。
まずは今回紹介した腹筋のインナーマッスルを鍛えるトレーニング2つを取り入れてみてください。
日々継続、これがポイント。俳優になるためにしなやかな筋肉を手に入れましょう!

この記事を書いた人:櫻宮ヨウ