オススメの特集

アクセスランキング

  • 2016年08月16日

ナレーションのオーディションとは?その内容とコツについて学ぼう

画像

ナレーターとして活躍するためには、まずはナレーションのオーディションに合格する必要があります。ナレーションのオーディションでは声だけでなく、立ち振舞、容姿なども見られます。ナレーションオーディションのコツを学びましょう。

ナレーションのオーディションの内容とは?

ナレーションの求人募集を見て、オーディションを受けてみたい、という方も多いのではないでしょうか。まず、ナレーターの求人募集では、履歴書の書類・またはデモテープなどの送付が必要な場合が多いです。

そして、その後選考で合格すると、オーディションで、実際にナレーションのテストをするという流れが主流です。ナレーションのオーディションの試験内容は、オーディションの主催している企業にもよりますし、内容は様々です。
原稿をもらい、そして原稿の通りにナレーションをするという試験もあれば、映像に合わせ、アドリブでナレーションをするという試験もあります。

テクニックはもちろん、応用力などが求められる

ナレーションを仕事にあたって、大切なのは良い声質を持っているか、だけでなく基本的なナレーションテクニックを身に着けているか、といった点も見られます。しかし、それ以外にも、応用力、適切な判断力があるかどうか、ということがオーディションでは求められます。

オーディションと一言で言っても、個人のオーディション・集団のオーディションがあります。特に集団の場合には、周囲と比べられやすく、焦ってしまったり、緊張し、自分の色を出せないこともあると思います。
しかし、こういった場合にも、自分のペースを貫くような冷静さ、また度胸も大切です。

必ずしも高いナレーション技術だけが求められているわけではない

ナレーションのオーディションでは、必ずしも、経験者だったり、技術力が高い人が有利というわけではなく、読み方に味があったり、企業の求めているイメージに合致していたりした場合、経験が浅くても採用される可能性はあります。

ナレーションのオーディションを受ける前には、その企業について調べてみたり、仕事内容について調べることも大切ですし、自分のイメージというものを作り上げておくようにするとよいでしょう。

さらに、オーディションでは、「伝える」という気持ちが重要となります。
ナレーションの仕事は、自分の声を通じて、人に何かを伝えることができるのかどうか、ということが非常に大切です。
このため、短い尺の中でメッセージを伝えることができるかどうか、ということや、感情を表現できるか、といったような表現力もとても大切です。

心で伝えることができるか、というのがナレーションでは、大切で、テクニックだけにとらわれず、本質の伝えるということを忘れずに、オーディションでは、挑むことが大切なのです。

この記事を書いた人:中村