オススメの特集

アクセスランキング

  • 2016年09月28日

スカウトされやすい人になろう!スカウトマンにアピールする方法

画像

narrowには、WEB上でのスカウト機能がありますが、普段の休日、街中を歩いているときにも芸能界デビューのチャンスは存在します。

「スカウトされて芸能界デビュー!……羨ましいな」そう思っているあなたに、ここでは街中を歩いているときにスカウトされやすくなる方法を伝授いたします。

1 顔やスタイルが分るようにして、スカウトされる?!

目深に帽子を被ってサングラスをしていては顔がわかりませんし、スタイルが見えない洋服を着ていては、あなたの良さはスカウトマンには伝わりません。

スカウトされたいのであれば眩しくてもサングラスは取って、帽子は顔が見えるように被りましょう。

スタイルがよくてモデル志望であれば、体型が見える服を着るようにしましょう。

スカウトマンも透視ができるわけではありませんので、アピールできる部分は見せることが大切です。
普段からアピールできる部分は、見せるクセを付けておくとよいでしょう。

2 ゆっくり歩くと、スカウトされやすくなる?!

流星が流れるがごとく早足で歩いていては、スカウトされる確率はグンッと下がってしまいます。

スカウトマンは野球選手のように動体視力がよいわけでも、陸上選手のように足が速いわけでもありません。
スカウトされたいのであれば、ゆっくり歩きましょう。

ゆっくり歩くと言っても普通の速度で友達と話しながら歩ける程度で大丈夫です。

スカウトマンもプロですので、野球選手ほどの動体視力がないにしても、普通に歩いている人を見抜く程度の洞察力は兼ね備えています。

早足でなければ問題ないでしょう。

3. 10代~20代前半が集まる場所に出没すると、スカウトされる?!

基本スカウトマンが出没する場所は、対象層の10代~20代前半が集まる人気スポットだったりします。
スカウトのほとんどは育成を目的としていますので、そのくらいの年齢がスカウトのターゲットだったりします。

そして、スカウトされやすい場所ですが、実際にスカウトされた人の話を聞いてみても、原宿の竹下通りだとか、地元の有名ショッピングモールなどが挙げられています。

遊びにいくといえば海や山が魅力的ですが、そういった場所は、層がばらけていたり、地形的にもスカウトするには効率的ではありません。
ですから、10代~20代が集まる人気スポットなら、スカウトされる確率は上がります。

まとめ

休日外出した際は、「スカウトされるかも?!」と思いながらドキドキの日々を過ごしてみてはいかがでしょうか。
ただ、街中には悪質なスカウトマンも存在しますので、決めるのはご両親や保護者の方と一緒にしてくださいね。

この記事を書いた人:MCBR