オススメの特集

  • 2016年11月27日

タレントって何をする仕事?芸人との違いは?

画像

タレントは、今やいろんなキャラを持つ人から、司会をこなす人まで様々です。芸人と違う面として、濃くなく毒が少なく薄味な人物が該当します。また、芸人は、話術、特技を披露して一般人を笑わす事が主な仕事です。どちらの人物も、技能や才能を多く持つ人ほど活躍をしています。

タレントと芸人の仕事

タレントは、番組や営業場所での仕事などに欠かせない人物になります。トーク、司会者の進行を手助けします。タレントは、公の場やテレビ番組に出てこそ意味があり、本業の仕事と言えます。他では、企業の商品発売をアピールする仕事、企業のイメージキャラクター、施設のトークショー、地方営業、パーティーへの出席など、仕事場所は意外と多い職種です。芸人は、逆に舞台や劇場が中心の仕事となり多くの人は、テレビより舞台や劇場が仕事場になります。

タレントと芸人は、プロであり見たくなる好感度が必要

個性が強すぎない人が長く活躍をします。プロと呼ばれる人物は、普通の人ができない事をするためテレビ等に出ます。そのため、普通の人より特徴があり、話術や高い技能が要求されてきます。芸人と呼ばれる人達も、お客さんを笑わすためにネタを作る努力をして、本当に面白い、認められた人がテレビ等から出演依頼が来ます。

タレントも芸人も、体が資本で体力がいります

基本的に最初は地方営業で頑張る事から始まると言えるでしょう。どちらの人物も、普通の仕事ではないため働く時間帯が不規則でバラバラです。昼と夜が一転する生活も多く、睡眠が1日2時間しか取れないスケジュールの中で仕事もこなしたりします。意志をしっかり持ち続けないと、続けて行くには厳しい世界の職業と言えます。

まとめ

タレントと芸人は、基本、芸能事務所に所属する人物であります。生活は大変な時期と言えるでしょう。これらの人物は、成り上がりを目指しこの世界でスターになるため話術、特技を勉強していきます。しかし、多くの人は、数年で姿を見なくなったり収入が激減など、成功者はほんの一握りです。成功するためには、努力と工夫が必要で目立ち過ぎず、キャラが強すぎずが長く活躍できるポイントになります。

この記事を書いた人:ONE