オススメの特集

アクセスランキング

  • 2016年12月18日

自分の武器は何?味のある俳優になるための個性の磨き方

画像

俳優には演技力が必要になりますが、ただそれだけではありません。自分の持ち味を生かした武器を持っていなければ長く俳優として活躍をする事はできないでしょう。

ここではそんな味のある俳優になるためにはどのようにすれば良いのか、その磨き方のポイントを3つ挙げています。是非しっかり覚えて、俳優として飛躍しましょう。

ポイント1 個性派と奇抜は違う

個性派というと、=奇抜と勘違いする人がいますが、個性派の意味を履き違えてはいけません。個性派とはその人の独特の雰囲気や他の人を魅了する何かを持っている人であり、奇抜な言動をすれば良いというものではありません。奇抜な言動をしていればただの変わり者になってしまいます。その境目がとても大切になります。

個性派は他の人とは違う何かきらりと光るものを持っている人であり、その個性が良い意味で活かされている人の事をいいます。是非その事をしっかり頭の中に入れておきましょう。

ポイント2 自分の持ち味を生かす

俳優をする上で、何かしらの演技をする場面が多々出てくるでしょう。その際、是非自分の持ち味を活かし、他の人に差をつけましょう。

特徴的な話し方、動き、目線など、他の人とは違う自分の持ち味を伸ばしていきましょう。それは決してわざとらしいものではなく、最初から自分が持っている特徴であり、その部分をしっかりと伸ばす事でより個性を出す事が出来るのではないでしょうか。

俳優をやる上で、時には短所が長所になる事もあります。全てを短所と考えるのではなく、是非持ち味ととらえて活かしてみるのも良いのではないでしょうか。

ポイント3 多彩な趣味を持つ

様々な事に興味を持つ事はとても良い事です。時にそれが俳優をする上で役立つ事もあるかもしれません。その為、自分が興味を持った事を趣味として極めてみるのも良いのではないでしょうか。

自分の興味をしっかりと活かし、様々な事に積極的に挑戦してみる事は自分を高めるために、とても良い事です。それが時に俳優として演技をする際に役立つ事があるかもしれません。俳優に何も関係がない趣味でも大丈夫です。その経験がこれからの自分に役立つのではないでしょうか。

まとめ

俳優としてこれから幅広く活躍をするためには、様々な事を身につけなければいけません。味のある俳優は、他の人よりもどことなく独特で個性を持っている人です。そんな個性派と言われる俳優になるためには、自分が興味のある事にどんどん挑戦し、たくさんの経験をする事が大切になります。その経験がいつか花咲く事があるのではないでしょうか。

見た目が良いだけでは俳優は務まりません。演技力であったり忍耐力であったり、様々なものが必要になってきます。それにプラスをして、自分の持ち味を活かした個性を出していきましょう。

この記事を書いた人:nana