オススメの特集

メインビジュアル
  • 2015年05月14日

芸能人の収入について

こんにちは、narrow運営チームです。

芸能人になったら、どれくらいお金がもらえるのだろう?という疑問は、きっと誰もがもっていることと思います。
今回は芸能人の収入の種類について、一緒に見ていきましょう。

1. ギャランティー

画像
有名になればギャラもぐんと上がります

いわゆる、「ギャラ」と言われるもので、出演料などの報酬を意味します。
お給料のように定期的に支払われるものではなく、例えばコマーシャルへの出演で○○円、
ドラマ出演で○○円、ミュージックビデオのエキストラ出演で○○円など、
基本的には一件ごとの仕事に対して支払われます。

ただし、価格は出演者の知名度や人気、仕事内容によっても大きく異なります。
数千円程度から、数十万円のケース、有名な人ならそれ以上の何百万円~何千万円といった報酬を支払われることもあるでしょう。

2. 事務所から支払われる給料

画像
事務所に貢献できるようになったらもらえるかも?!

契約内容にもよりますが、場合によっては事務所からいくらかお給料が支払われる場合もあります。
ただし、
研修生の立場やまだ仕事が安定していないタレント・芸能人の場合は、事務所から支払いがある
ケースはごく少ないといってよいでしょう。

オーディションに合格したら、ただ所属しているだけでなく、できる限り多くの仕事をとれるよう
頑張りましょう!

3. 印税

画像
目指せ大ヒット!

自分で作詞・作曲などをするアーティストや歌手の場合、作品に対しては印税が支払われます。
本を出しているタレントなども同様です。

印税は、出版物に対して、また音楽ならネットやカラオケでの配信などに対して発生します。
また、作詞・作曲を行わない歌手の場合、歌唱印税というものもありますが、作詞・作曲よりは、
割合は少なくなります。


芸能人の収入のパターンは、必ずしも上記にあてはまるとは限りませんし、また「これ」と決まりがあるわけでもありません。
それだけに、芸能人として生計を立てていくのは、やはり生やさしいことではないでしょう。
いわゆる「下積み時代」は、アルバイトをたくさんしなければならないこともあると思います。

しかし、それもポジティブに考えましょう!
演技やトーク、表現力を磨くためには、いろいろな経験がプラスになるはずです。
アルバイト先の同僚が、ファンとして応援してくれることもあるかもしれません。

芸能人として収入を得て活躍する自分を思い描きながら、今できることを確実にしていきたいですね!