オススメの特集

  • 2017年02月09日

誰にでも愛されるタレントになるために…最低限押さえておきたい一般常識

画像

タレントになりたい、と思う人の中には「誰にでも愛される人になりたい」という人もいるでしょう。
そんな人はぜひ覚えておきたいのが一般的な知識や常識です。
とくに下の3つの常識がなっていないと、人としてどうか、ということすら疑われて仕事がなくなってしまうこともあります。
では、最低限覚えておきたい3つの常識を紹介しましょう。

丁寧語くらいは使いこなして

まず、代表的なことは丁寧語・敬語などのしゃべり方です。
これは単純に「どういう風にしゃべる人なのか」とか「人に敬意を示すことができる人なのか」というポイントを見られています。
タレントさんの中には誰にでも砕けてしゃべったり、気軽な感じが良いとされる人もいますね。

ただ、これから業界に入りたい人ならば、せめて「です・ます」くらいは使いこなす必要があるのです。
丁寧な言葉で話すことくらいは身につけておきましょう。

冠婚葬祭の一般的なマナー

若い人はあまり経験がないかもしれませんが、ある程度年齢を重ねた人ならば冠婚葬祭のマナーは身についていて当たり前と思われています。
特に20歳を超えた人ならば、冠婚葬祭に関わる一般的なマナーを覚えておく必要があります。

これはいつ求められるかわかりませんし、非常識なことをすると叩かれる場合もあるのです。
少々学習する必要がある一般常識ですが、最低限の礼儀として冠婚葬祭のマナーくらいは覚えておきたいところでしょう。

食事に関するマナーは特に見られています

最後に食事に関するマナーもかなり重視されています。
というのも、タレントは試食や食事をするシーンは結構ありますし、街歩きや食べ歩きなどは人気の高いコンテンツなのです。
このため、食事シーンが汚いとそれだけで幻滅されがちです。

食事のマナーもごく一般的なもの、特にお箸の持ち方やナイフ・フォークの持ち方程度でいいので、そのくらいはしておきましょう。
もし気になるようなら、マナー教室などに通って一度やり方を見るのもいい方法です。

まとめ

こういったマナーは人に指摘されないとわからないパターンも多く、意外と忘れてしまいがちです。
ただ、ちょっとした気遣いでより好印象を与え良いタレントになる場合も少なくありませんので、最低限このくらいは学習しておきましょう。

いつ必要になるかわからない分、学習するとより上品に見せたり、それをあえて崩してキャラ立てすることもできます。
人に愛されるタレントになるためには、しっかりこのような学習をしておきたいところですね。

この記事を書いた人:nana