オススメの特集

  • 2017年03月28日

芸能界デビューは面接からはじまる!業界人に絶対に与えてはいけない印象

画像

これから芸能人として第一線で活躍をしたい、そう考えている人にとってまずは面接をいかにクリアすることが出来るかが重要です。
そんな面接で今後どのように輝くことが出来るかが決まります。
また、そこで芸能人になる為に与えてはいけない印象というものがあるので、是非しっかり覚えましょう。

ルーズな印象を与えては危険

芸能界というところは、挨拶であったり言葉使いであったりきちんとしなくてはいけません。
また約束はきちんと守る、言われたことはしっかり行うなど、基本的なことはしっかりと守らなければいけません。

芸能界でデビューする為にはこの面接がとても重要であり今後の活動がどの様なものになるのかが掛かっています。
その為、面接を受けるにあたり業界人に与えてはいけない印象というものがあります。

まず、ルーズな印象を与えてしまってはいけません。
例えば約束の時間に遅れてしまう、必要書類を忘れてしまうということをしてしまうと、約束を守らない人という印象になってしまうので注意しましょう。

扱いにくく見られない様にしよう

また、面接を受ける際の応答の仕方もとても重要です。
何か聞かれた時も、素直な気持ちで自分の気持を相手に伝える様にしましょう。
何かを言われてもそれをへりくだった答え方をしたり、何か言われてもそれに従わなかったり。
その様な印象を与えてしまうと扱いにくい、やる気がないと見られてしまいかねません。

芸能界に入り新人が扱いにくい性格ではどうしようもありません。
仕事なんてくれる人はいないでしょう。
それも個性と言われればそれまでですが限度があります。注意しましょう。

みんなと一緒では意味がない

業界人はたくさんの人を見てきています。

その中から逸材を見つける為に面接が行われますが、そこで他の人の中に埋もれてしまってはいけません。
ありふれた人の中の一人にならない為にも自分磨きをしっかりと行いましょう。
その為には、他の人にしっかり差をつける為に、自分の長所をさらに伸ばす様にしましょう。

また、ここは他の人に勝っているという部分があればさらにその部分を強調する為にも力を入れましょう。
芸能人は個性が溢れている人がたくさんいます。
「芸能人に似ている」というだけでは意味がありません。
いかに自分を売り込むことが出来るかが大切になるでしょう。

まとめ

あんな風にテレビの中で輝きたい、そんな憧れを持って芸能人になりたい人も多くいるでしょう。
そんな芸能人になる為の面接を受ける際、業界人にマイナスな印象を与えては危険です。

他の人とこの人は違う、そう思ってもらう為にも出来る限りの力を振り絞り、自分の押し出したい部分を売り込んでいきましょう。
その際、芸能人になる上でデメリットになることは避け、しっかり面接を受けることが大切です。
一般の企業のとは少し訳が違うと言うことを頭の中に入れておきましょう。

この記事を書いた人:ONE